低用量ピルについての基礎知識 – ピル通販クリニックおすすめランキング

低用量ピルについての基礎知識

ダイエットコラムトップ画像

皆さんは避妊の方法について、どのくらいご存じでしょうか?コンドーム、基礎体温法、IUSなど様々な方法がありますが、ここでは低用量ピルについて紹介したいと思います。

低用量ピルについての基礎知識

低用量ピルは、排卵を抑制することで望まない妊娠を防ぐ、経口避妊薬のことです。その精度は(正しく服用した場合)99%を誇ると言われています。また、避妊のほか、排卵による卵巣のダメージを防ぐため、卵巣がんの発症リスクを下げる効果も期待されています。子宮内膜の増殖を抑えるため、生理痛や月経困難症を緩和する効果もあります。

低用量ピルの使用方法

毎日、決められた時間に1錠服用します。原則、生理の初日から飲み始め、21日間服用したら、7日間休薬します。

低用量ピルは市販されてるの?

低用量ピルは医療機関の処方以外、取り扱っていません。基本的には婦人科での取り扱いになりますが、内科でも処方は可能です。診断には血圧、体重測定、問診のほか、内診や腹部エコーが必要になることもあります。

低用量ピルの危険性について

低用量ピルは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンから作られたお薬です。副作用としては、むくみや吐き気、不正出血が多く見られます。これらは一般的に1~3か月程度で収まると言われていますが、血栓症のリスクがわずかに上がる危険性も指摘されています。これらの点から、ピルを服用する場合は、定期的に診察を受けることが必要です。

いかがでしたでしょうか。ピルは正しく使用すれば、ほぼ確実に望まない妊娠を防ぐことができます。ただし性感染症を防ぐことはできないので、性行為の時は、必ずコンドームを併用しましょう。

人気のピル処方クリニックTOP3

※1 送料は別途550円かかります。

※2 無料キャンペーンのクーポンコード「TRYPILL00」適用時。2回目以降は2,783円。対象ピルはラベルフィーユ、トリキュラー、アンジュ、マーベロン、ファボワール。本キャンペーンは2回のお受け取りが条件。詳しくは公式サイトをご確認ください。

※3 処方がない場合は診察料がかかります。

※4 予約診療も可能。

メデリピル商品画像
メデリピル
クリニックフォア商品画像
クリニックフォア
Oops(ウープス)商品画像
Oops(ウープス)
低用量ピルの種類
すべて日本製♪
6種類
8種類 6種類
ピル費用
初月0円!※1 クーポンコード利用で
初回0円(税込)※2
2,585円(税込)〜
はじめの2シート半額
診察料
ずっと無料 初回無料※3 ずっと無料
予約・診療

予約
LINEで24時間OK

診療
365日診療

予約
WEBで24時間OK

診療
7:00~24:00
※診療時間は、土日祝日をはじめ日によって異なる場合がございます

予約
WEBで24時間OK

診療
365日診療

公式
公式サイト 公式サイト 公式サイト