低用量ピルの費用 – ピル通販クリニックおすすめランキング

低用量ピルの費用

ダイエットコラムトップ画像

避妊やPMSの緩和に有効な薬が、低用量ピルです。市販薬とは違い、入手をするためには婦人科などの受診をする必要があります。医療機関で処方される薬であれば、健康保険が適用されるのではないかと考える人は少なくありません。しかし、低用量ピルに健康保険が適用されるかどうかは、目的次第となります。

健康保険が適用されるのは、月経困難症もしくは子宮内膜炎の治療のために低用量ピルの服用が必要となる場合です。この場合、健康目的の服用となるため健康保険が適用され、3割負担で低用量ピルの処方を受けることができます。それに対し、避妊やPMSの緩和が目的の場合は健康保険が適用されず、全額自己負担となります。

全額自己負担で低用量ピルを購入する場合の費用は、28日分で2,500円から3,000円前後をイメージしておくと良いでしょう。ただ、これはピルのみの料金で、これ以外に初診料や再診料、検査代などの費用が必要となります。そのため、1日当たりの自己負担は100円を超えてくることが殆どです。

日々の負担を少しでも抑える場合は個人輸入という方法もありますが、ニセモノを掴まされる可能性もあります。そのため、低用量ピルは値段が高くなることになっても、婦人科などの医療機関で処方を受けることがおすすめです。

人気のピル処方クリニックTOP3

※1 送料は別途550円かかります。

※2 無料キャンペーンのクーポンコード「TRYPILL00」適用時。2回目以降は2,783円。対象ピルはラベルフィーユ、トリキュラー、アンジュ、マーベロン、ファボワール。本キャンペーンは2回のお受け取りが条件。詳しくは公式サイトをご確認ください。

※3 処方がない場合は診察料がかかります。

※4 予約診療も可能。

メデリピル商品画像
メデリピル
クリニックフォア商品画像
クリニックフォア
Oops(ウープス)商品画像
Oops(ウープス)
低用量ピルの種類
すべて日本製♪
6種類
8種類 6種類
ピル費用
初月0円!※1 クーポンコード利用で
初回0円(税込)※2
2,585円(税込)〜
はじめの2シート半額
診察料
ずっと無料 初回無料※3 ずっと無料
予約・診療

予約
LINEで24時間OK

診療
365日診療

予約
WEBで24時間OK

診療
7:00~24:00
※診療時間は、土日祝日をはじめ日によって異なる場合がございます

予約
WEBで24時間OK

診療
365日診療

公式
公式サイト 公式サイト 公式サイト